Date

利便性が高い品川の会議室について

品川の会議室について
Breast Cancer Ribbon

標準的な任意売却の流れは、競売開始決定が出てから始まります。

任意売却の流れは色々とありますすが。標準的な任意売却の流れは、担保不動産開始決定が裁判所から届いていてから始まります。当然その前から色々と銀行や、保証会社から沢山の連絡が来ていますがそれでも解決ができない場合は競売に掛かります。競売開始決定は、競売に入る始まりを知らせる手紙です。多くの場合はこの時期から任意売却に入ります。当然その前から売却に出している人も多くいます。売れなくてこの時期まで来るとかなり急いで売却をしないといけません。ここからが任意売却の始まりです。流れは、まず最初に裁判所から執行官が来て、対象不動産の写真を撮ります。


室内と外観土地の境界、定められた方法で写真を撮ります。第三者が見ても分かりやすように撮ります。そして色々と所有者に対して聞き取り調査をします。占有者は誰か、所有者の場合だと問題が有りませんが、第三者だと権利があるかどうか詳しく調べます。それが終わる今度は不動産鑑定士が不動産の評価を出します。それぞれ裁判所に提出します。そして、物件明細書、現状調査報告書、評価書、が揃います。これを3点セットがと呼びます。これが揃うと売却日時と共に情報が公開されます。任意売却により競売を回避するには、開札日時の前日までに取り下げる必要が有ります。しかし実際の手続き上の問題で、入札期日の、一か月前までに債権者に対して、任意売却の承諾が取れないと難しくなります。社内の事務処理の時間が掛かります。


時間的には、競売開始決定が届いてから情報公開されるまでの期間は、2ヶ月から6ヶ月の間に公開されます。情報が公開されると入札日が出ています。大体一ヶ月から一ヶ月半位が、入札期日です。任意売却出来る期間は競売開始決定が届いてから早くて3ヶ月遅くて9ヶ月位です。この期間に任意売却をします。任意売却は時間との戦いです。その間に買主を見つけて債権者と価格交渉して、債務者を納得させて上手く引越しをさせます。任意売却の価格は、一般的に通常の売買よりもかなり安い価格で取引されます。そうしないと早く売れないからです。買主が一般の人の場合は殆ど銀行ローンを使いますので、決済まで最低一ヶ月くらいかかります。そうすると2ヶ月以内には全ての手続きをしないといけないことになります。それまでに出来ないと競売に回ってしまうことになります。任意売却は、ケースバイケースで全て条件が違いますので、一緒にはできませんが、時間的にはどの物件もありませんので、スピーディーに動くことが大切です。