Date

利便性が高い品川の会議室について

品川の会議室について
Breast Cancer Ribbon

任意売却と競売による売却とを比較

任意売却と対をなすのが競売です。債務がたくさんあるような状態では債務を整理しなければなりませんから、どちらにしても保有している不動産は手放さなければならない事になります。手放すことによって債務を少しでも返済する事が求められるわけですが、そのための手法として任意売却が用いられます。もしも任意売却を行わなかった場合には競売によって売却されることになるのです。任意売却でも競売でも、最終的には不動産を手放すわけですから、どちらでも構わないと考える人もいるかも知れませんが、債務者にとっては競売は非常に不利なものだと言えるでしょう。なぜかというと、競売では市場価格よりもかなり安く売却されるからです。これに対して、任意売却の場合にはほぼ市場価格で売却する事ができるでしょう。


この違いがあるという事を知っておく必要はあります。債務を整理するために売却をするのなら、当然の事ながら価格は高いほうが良いに決まっています。そのために任意整理が効果的だと言えるでしょう。では、なぜ競売では安くしか売る事ができないのでしょうか。その一つの理由は、競売はあまり一般的なものではないという事が考えられます。最近では一般の人も競売に参加する事が増えてきたようですが、それでもまだまだ割合は少ないといえるのではないでしょうか。現在でも不動産業者などが多く参加しているのが現状なのです。ですから、市場が偏っていて、そのために公正な価格形成がなされないと考えられます。競売というのは、法的な手段によって処分されるという方法になりますから、何らかの理由があって売却されるのではないかと考えられる事も多いようです。そのために、購入する人にとってはリスクがあると考えられるでしょう。


また、競売の特徴として中身を見てから購入する事ができないという事もあります。中身を見ずに住宅を購入するとなると、リスクは非常に大きいと言えるのではないでしょうか。このような事から、競売というのはあまり多くの人が参加するものではなく、一般的な市場価格では売却できないのが現状です。悪い場合には市場価格の半値くらいにまで買い叩かれてしまう事があるのです。任意売却とは特別な方法で売却をする方法ではありません。抵当権を解除してもらった後は、普通に市場で売却する事になります。ですから、市場価格で売却できるというメリットがあるのです。これが任意売却の最も大きなメリットだと言えるでしょう。